茶トラ猫キキとボーダーコリーのルナの日々                 ♡お空のゴールデンレトリバー☆ルーク&レナの事も綴ってます♡
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年前は・・・
2010年05月16日 (日) | 編集 |
楽しい話題ではないので、読みたくない方は読まないでくださいね<(_ _)>

ただ、ルークの事を、書き留めておきたい事もあって
思い出しながら綴ってます。

10_412.jpg
<2008/5/27>


今日は5月16日
一年前の今日と言う日は・・・
ルークの後ろ足が麻痺して夕方には立てなくなってしまった日です。

最初はまだ関節炎が悪化した位にしか考えられなかったけど
でも不安でたまらなかった日でした。

この日からルークの介護が始まりました。
介護の事なんて何も分からず、手さぐり介護でしたが
一番戸惑い悲しんでいるのはルーク自身だと思うと
ルークの為に頑張れました!


そして、去年の6/1東京の大学病院で検査してもらって
背骨の癌が発見されました。

癌と知らされた時は後頭部を殴られたような衝撃があり
もしかして・・・とは思ってましたが
悲しくて悲しくて涙があふれて止まりませんでした。
検査を終えたルークが戻って来るまで、loukパパと二人
車の中で泣いてしまいました。

思い出しても涙があふれてくるけど、
ルークの事を書きとどめておきたいので続けて書きたいと思います。

癌と知らされた時も衝撃でしたが、もっと悲しく辛かったのは・・・

CTやMRIなどの検査は診察室がある隣の棟で行われる為、移動するのに外へ出なければならなかったんですが
ルークのカートの周りをぐるっとインターン?先生?が囲うようにして外に出てきたルークを
ちょうど車に乗っていた時に見てしまったんです。

とむとむ達からも引き離され、何をされるのかすごく不安そうな顔をしていたルーク。

あの時のルークの顔が今も忘れられないんです。

こんな思いをさせちゃって・・・とっても切なくて側に行って抱きしめてあげたかったです。


でも、辛い検査をして結果も分かった事で、どんな介護をしたらよいかも分かったから

その後は・・・もうどこにも行かなくていいんだよ!
それからは、ずっと母しゃん達と一緒に過ごせたね。。


ルークは最後の最期まで頑張って、ずっと一緒に居てくれました。
2009/8/21ルークが虹の橋に旅立ってしまったその日まで・・・



いえ、今もまだ一緒に居てくれてるよね、ルーちゃん


10_413.jpg
<2008/5/15>


10_414.jpg
<2008/5/15>









今日も見に来て下さってありがとうございます<(_ _)>
ポチッと応援お願いします
   
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。